芝生の種類と比較に関する記事一覧

芝生の種類と比較

ブルーグラス類 – 世界で最も植えられている西洋芝

寒い地域では最も一般的な芝生 ブルーグラス類(Poa)とはイネ科 > イチゴツナギ亜科 > イチゴツナギ属の西洋芝。寒地型芝生(冬芝)に含まれる芝草です。 ヨーロッパなどの寒い地域では最も一般的な芝生で、世界で...
2020.07.05
芝生の種類と比較

西洋芝の種類(寒地型)

寒さに強く、冬でも緑の寒地型西洋芝 西洋芝は、海外から日本に輸入された芝生のことです。その中でも、日本の春と秋の気候で成長する芝生は「寒地型の西洋芝」と呼ばれています。 寒地型西洋芝は、比較的涼しい気温で成長します。日本では春...
2020.07.05
芝生の種類と比較

ケンタッキーブルーグラスを植えられる地域

世界で最も人気のあるケンタッキーブルーグラスは、植えられる地域が限られます。 ケンタッキーブルーグラスは寒地型芝生の中では、世界で最も人気のある芝生の品種です。アメリカを中心に、世界のゴルフコースや庭の芝草として使われています。葉は...
芝生の種類と比較

初心者が育てやすい芝生の種類

初めての芝生は、高麗芝がおすすめです。 芝生の上で子供と遊んだり、BBQをしたり・・・。美しい芝生に覆われている庭に憧れている方は多いと思います。でも、芝生って植えるのが難しかったり、手入れが大変そうと思って、躊躇していませんか?。...
2020.06.14
芝生の種類と比較

暖地型芝生と寒地型芝生の違いは生育気温

芝生が成長する気温で、暖地型と寒地型に分かれる 芝生の種類の分け方として、暖地型と寒地型という分け方があります。暖地型、寒地型という言葉からもイメージできるように、この違いは、芝生が成長する気温によって分けられています。 日本...
2020.06.14
芝生の種類と比較

西洋芝と日本芝の違い

日本原産の日本芝、海外原産の西洋芝。 芝生にはたくさんの種類がありますが、原産地によって日本芝と西洋芝に分けることができます。 昔から日本に自生している種類を日本芝(和芝)と呼び、ユーラシア(主にヨーロッパ)などが原産で、近年...
2020.06.14
芝生の種類と比較

日本芝の種類(暖地型)

高温多湿な日本の気候に適した芝生 日本芝は、日本に昔から自生していた芝生の種類のことです。日本芝の中には、野芝、高麗芝、姫高麗芝、ビロードシバ、TM9などの種類があります。 日本芝はすべて、暖地型芝生のグループに入り、生育温度...
2020.06.14
芝生の種類と比較

西洋芝の種類(暖地型)

成長スピードが早い暖地型の西洋芝 西洋芝は、海外から日本に輸入された芝生のことです。その中でも、生育温度が23℃〜25℃で、日本の春〜秋にかけて育つ種類は「暖地型の西洋芝」と呼ばれています。 (日本で昔から自生している芝生は「日本芝...
2020.06.14
芝生の種類と比較

ティフトン – バミューダグラスを品種改良した暖地型西洋芝

踏圧や擦り切れに強い、バミューダグラスの改良種 ティフトンとは、イネ科 > スズメガヤ亜科 > ギョウギシバ属の西洋芝。バミューダグラスの改良種で、暖地型芝生(夏芝)に含まれる芝草です。 ティフトンの元となった、バ...
2020.06.14
芝生の種類と比較

バミューダグラス – 世界で最も使われている暖地型西洋芝

成長が早く回復力の強い芝生 バミューダグラス(Bermudagrass)とは、イネ科 > スズメガヤ亜科 > ギョウギシバ属の西洋芝。暖地型芝生(夏芝)に含まれる芝草です。 世界の暖かい地域で最も植えられている芝草...
2020.06.14
芝生の種類と比較

姫高麗芝 – 高麗芝よりも繊細で美しい日本芝

葉が柔らかく繊細で、密度が高く美しい芝生を作ることができる 姫高麗芝(Zoysia matrella)とはイネ科 > シバ属の日本芝。暖地型芝生(夏芝)に含まれる芝草です。本来「姫高麗芝」と呼ばれる種名はなく、高麗芝の中で葉の...
2020.06.14
芝生の種類と比較

TM9(高麗芝)は手入れが楽な初心者向けの芝生

高品質で手入れが楽な芝生 TM9(ティーエムナイン)とは、トヨタ自動車株式会社の関連会社であるトヨタルーフガーデン株式会社が、高麗芝(Zoysia.matrella)を品種改良して開発した芝生の品種です。※芝生事業は2019年7月に...
2020.06.14
タイトルとURLをコピーしました