西洋芝の種類(暖地型)

暖地型西洋芝の種類芝生の種類と比較

成長スピードが早い暖地型の西洋芝

西洋芝は、海外から日本に輸入された芝生のことです。その中でも、生育温度が23℃〜25℃で、日本の春〜秋にかけて育つ種類は「暖地型の西洋芝」と呼ばれています。
(日本で昔から自生している芝生は「日本芝」と呼ばれています)

高麗芝などの日本芝と同じく、日本の高温多湿な気候でも育つことができ、高温、多湿、乾燥、病気に強く、冬になると休眠期に入ります。

日本では、関東より南の地域で成長をするが、北海道や東北地方では気温が低いために生育には適していません。

成長スピードが早い。暖地型西洋芝。

暖地型の西洋芝は日本芝と違って、成長スピードが早いため、芝刈り、水やり、肥料の回数も多く必要となり、管理の手間がかかりるので、芝生のメンテナンスに十分時間がかけられる人向きの芝生です。耐踏圧性に強いので、スポーツ施設、競技場などの芝生にもよく使用されています。

暖地型の西洋芝で最も有名な種類はバミューダグラス類です。その他にもティフトン類やウィーピングラブグラスが暖地型西洋芝のグループに入ります。

↓暖地型西洋芝が育つ地域はこちら

暖地型西洋芝の特徴一覧

種類生育地域メンテナンス葉質耐踏圧性耐陰性
バミューダグラス類関東より南の地域難しい・刈り込み回数が多い葉の幅は細い・葉の色は鮮やかとても強い弱い
ティフトン類関東より南の地域難しい・刈り込み回数が多い葉の幅は細い・葉色が濃いとても強い弱い
ウィーピングラブグラス東北より南の地域葉の長さ25〜50cm

生育地域:生育に最適な地域 / メンテナンス:水やり、刈り込み頻度
葉質:葉の細かさや密度 / 耐踏圧性:踏まれたときの強さ
耐陰性:日陰に対する強さ

バミューダグラス類

バミューダグラス類

Bermudagrass/和名:ギョウギシバ/学名:Cynodon dactylon
イネ科スズメガヤ亜科ギョウギシバ属/アフリカ原産

国立競技場でも使われる成長力のある芝生。

バミューダグラス類(Bermudagrass)は、日本芝に近い特徴をもっています。葉は細くて、濃い緑色をしており、色鮮やかな芝生を作る事ができます。

踏まれることに強い、刈りこみに強い、成長するスピードが早い、すり切れ等の損傷からの回復力が強い、などの特徴から、サッカー場、競技場、公園などのスポーツターフとして使用されることが多いようです。

ただし、排水の良い土壌を好み、日陰や寒さに弱いために、植える場所は限定されてきます。

バミューダグラス類は成長が早く、特に夏の成長は旺盛なため、芝刈りの回数が多く必要となってきます。一般家庭で植える場合は、芝刈りなどの管理がこまめに出来る人でないとおすすめできない芝生です。

バミューダグラス類の特徴

生育地域関東より南の地域
メンテナンス難しい・刈り込み回数が多い
葉質葉の幅は細い・葉の色は鮮やか
耐踏圧性とても強い
耐陰性弱い

生育地域:生育に最適な地域 / メンテナンス:水やり、刈り込み頻度
葉質:葉の細かさや密度 / 耐踏圧性:踏まれたときの強さ
耐陰性:日陰に対する強さ

ティフトン類

ティフトン類

Bermudagrassの一種

踏まれることに強く、繁殖力が強い芝生。

ティフトン類は、バーミューダグラス類の一種の芝生です。葉は細くて柔らか、濃い緑色の色鮮やかな芝生を作る事ができます。

人に踏まれることに強い、成長するスピードが早い、すり切れ等の損傷からの回復力が強い、などの特徴から、ゴルフ場や校庭などで使用されることが多いようです。

ティフトン類は、繁殖力が強いので、少量の芝で広い面積の芝生を短期間で作ることができるので、学校の校庭緑化などに使用されることも多いようです。しかし、種子で流通することはなく、ポット芝やストロン苗で流通しています。切り芝での販売は難しいとされています。

成長が早く、特に夏の成長は旺盛なため、芝刈りの回数が多く必要となってきます。一般家庭で植える場合は、芝刈りなどの管理がこまめに出来る人でないとおすすめできない芝生です。

ただし、日陰には弱く、1日に5時間以上の日当たりが必要となるので、植える場所は限定されてきます。

ティフトン類の特徴

生育地域関東より南の地域
メンテナンス難しい・刈り込み回数が多い
葉質葉の幅は細い・葉色が濃い
耐踏圧性とても強い
耐陰性弱い

生育地域:生育に最適な地域 / メンテナンス:水やり、刈り込み頻度
葉質:葉の細かさや密度 / 耐踏圧性:踏まれたときの強さ
耐陰性:日陰に対する強さ

ウィーピングラブグラス

ウィーピングラブグラス

weeping lovegrass

法面緑化などで使われる芝生。

ウィーピングラブグラスは、成長すると葉の長さが25〜50cmにもなる芝生です。暖地型西洋芝ですが、比較的寒さにも強く、東北より南の地域であれば成長することができます。

その特徴から、一般家庭で植えられることはなく、道路脇の法面緑化などで土壌の浸食を防止するために植えられることが多いようです。

ウィーピングラブグラスの特徴

生育地域東北より南の地域
メンテナンス
葉質葉の長さ25〜50cm
耐踏圧性
耐陰性

生育地域:生育に最適な地域 / メンテナンス:水やり、刈り込み頻度
葉質:葉の細かさや密度 / 耐踏圧性:踏まれたときの強さ
耐陰性:日陰に対する強さ

↓芝生の種類についてはこちらも参考にしてください。

タイトルとURLをコピーしました