芝生の手入れに関する記事一覧

芝生の手入れ

【2020年最新】芝生に使えるおすすめの除草剤10選

芝生に生えてくる雑草は手で抜くことが基本ですが、増えすぎて駆除できない場合は除草剤の使用をおすすめします。除草剤は芝生の種類によっては芝生を枯らしてしまうことがあるので、除草剤の特徴をよく理解してから使用してください。
2020.10.04
芝生の手入れ

芝刈りの方法と頻度。きれいな芝生を育てるためには芝刈りの回数が必要です。

芝刈りの回数や方法を紹介します。芝刈りの回数を増やすと密度が高くてキレイな芝生をつくることができます。放っておくとすぐに伸びる芝生は、見た目が悪いだけではなく病気の原因にもなります。芝刈り機や芝刈りはさみなどの道具も必要となります。
2020.10.04
芝生の手入れ

芝生に穴を開けるエアレーションで、土壌の通気性や水はけを改善しましょう。<やりすぎ注意>

<芝生を元気にする方法>芝生のエアレーションは芝生に穴を開けて通気性を良くする作業のこと。芝生を植えて2年目から必要になります。エアレーションの効果、時期、作業方法、ローンスパイクやローンパンチなどエアレーションに使用する道具を紹介しています。
2020.10.03
芝生の手入れ

芝生用肥料の種類と散布の時期・回数の目安

密度が高く緑が鮮やかな芝生を作るには、肥料が必要です。 芝生は、他の植物と同様に根から栄養分を吸収して成長します。 自生している芝生は、自然の中にある栄養分を吸収して成長しますが、人が植えた芝生の場合は、自然の栄養分が不足がち...
2020.06.14
芝生の手入れ

コアリング作業で、古くなった床土を入れ替える

芝生の下の古い土を抜き取り、新しい土を入れるコアリング作業 コアリングとは、芝生の下にある「古い土」を抜き取り「新しい土」を入れる芝生のエアレーションの一つです。土壌を改良し芝生が育ちやすい環境を作るための芝生の手入れのひとつです。...
2020.06.14
芝生の手入れ

芝生の水やり

芝生の手入れで最も重要な水やり。 芝生の水やりは手入れの中で最も重要です。 例えば芝刈りをサボっていても芝生が伸びるだけでみっともないだけですが、水やりをサボっていると、いずれは枯れてしまい取り返しのつかないことになります。 ...
2020.06.14
芝生の手入れ

サッチ分解剤を使って芝生のサッチを楽に取り除く

微生物を使って芝生のサッチを分解する「サッチ分解剤」 芝生を長く育てていると、必ず直面する問題がサッチの堆積です。 堆積したサッチは、芝生の通気性と水はけを悪くし病害虫の原因となり、芝生に悪影響を与えます。そのためにサッチを取...
2020.06.14
芝生の手入れ

【根切り】芝生のスライシング作業でいつまでも綺麗な芝生を維持する

芝生の根を切り、新陳代謝を促すスライシング作業 芝生のスライシング作業は、芝生を長い期間に渡って美しく保つために非常に効果的な手入れです。芝生の根切りとも呼ばれています。 成長した芝生にターフカッターというスコップのような形の...
2020.06.14
芝生の手入れ

芝生の目土入れの方法

目土入れで、芝生を活性化させる。 目土入れとは、芝生に3〜6mmの厚さで目土をかける、芝生の手入れ方法の一つです。 芝生の土壌を活性化させることで、芝生の発芽を促し密度の高い芝生を作ることができるなど、多くのメリットがあります...
2020.06.14
芝生の手入れ

芝生の雑草と効率的な除草方法

芝生の雑草駆除は、テデトールが基本。 芝生を育てていると、必ず雑草が生えてきます。芝生に生えた雑草は、庭の見栄えが悪くなるだけではなく、本来芝生が吸収するはずだった土壌の栄養分を雑草が奪うため、芝生の成長にもよくありません。 ...
2020.04.14
芝生の手入れ

芝生用の除草剤 – 種類と失敗しない使い方

芝生の雑草だけを枯らす、芝生用の除草剤 芝生のメンテナンスで一番手間がかかるのが、除草作業ではないでしょうか。 雑草を放置していると、次々と雑草が繁殖し、手作業による除草(テデトール)では手に追えなくなってしまいます。たとえ、...
2020.04.05
芝生の手入れ

年1回のサッチングで、積もったサッチを取り除く

芝生のトラブル予防の為に、定期的なサッチングが必要です。 サッチングとは、芝刈りの時に回収できなかった「刈りカス」や、枯れて腐った芝生の葉を取り除く、芝生の手入れの一つです。 芝刈りの時の刈りカスや、枯れて腐った芝生は、芝生の...
2019.12.31
タイトルとURLをコピーしました