ライグラス類 – 牧草やオーバーシーディングに使われる西洋芝

ライグラス類芝生の種類と比較

冬の葉色がきれいな、オーバーシードに最適な芝生

ライグラス類(Lolium)とはイネ科 > ウシノケグサ亜科 > ドクムギ属の西洋芝。寒地型芝生(冬芝)に含まれる芝草です。

ライグラス類には、ペレニアル種とイタリアン種(アニュアルライグラス)があります。株分けで増殖し、牧草として使われることが多く、一般家庭で植えられることはあまりありません。

ただし、温暖な地域において、初期生育が早く寿命が短い特徴を利用した、ウィンターオーバーシードに使用されることがあります。

このページでは、ライグラス類の特徴、利用施設などを紹介しています。

寒地型西洋芝とは

海外から日本に輸入された芝生の種類。寒地型芝生のグループに属し比較的涼しい気温で成長する芝生です。

日本では春と秋の気温が生育温度となっているので、北海道と東北の一部地域以外では夏の暑さを乗り切ることはできません。

ウィンターオーバーシード用の芝草として使われる事があります。

ライグラス類の特徴

Lolium / イネ科 > ウシノケグサ亜科 > ドクムギ属(Lolium)
寒地型西洋芝

成長が早いため、他の品種よりも早く芝生を完成することができる

ライグラス類は、葉は繊細で柔らかく、綺麗な葉色をしています。

耐暑性は弱いが踏圧には強く、適切なメンテンナンスをすることで、密度の高い絨毯のような芝生を作る事ができます。

初期成長が早く寿命が短い特徴から、ウィンターオーバーシードによく使用されます。

ライグラス類の特徴まとめ

生育地域北海道・東北地方
主な用途牧草・オーバーシーディング
管理の難易度普通
葉質葉の幅は普通から広め
耐踏圧性弱い
陰性普通

生育地域:生育に最適な地域 / 管理の難易度:水やり、刈り込み頻度など
葉質:葉の細かさや密度 / 耐踏圧性:踏まれたときの強さ
耐陰性:日陰に対する強さ

ライグラス類の植栽ゾーン

北海道や東北地方に最適な芝生

ライグラス類の生育温度は15℃~20℃です。寒冷地に適した性質を持っており、日本では、北海道や東北地方でよく植えられている芝生です。3月~5月、9月~10月が種を蒔く最適な時期となっています。

↓温量指数による芝生の選び方はこちら

ライグラス類の芝草

ライグラス類には、ペレニアル種とイタリアン種があります。

ペレニアルライグラス

Lolium perenne / イネ科 > ウシノケグサ亜科 > ドクムギ属(Lolium)
寒地型西洋芝

ペレニアルライグラスは、ホソムギとも呼ばれ、世界中で牧草として栽培されています。ヨーロッパ原産の芝草で、日本には明治時代に入ってきて、各地で雑草化しています。

初期の成長が早く寿命は短いために、ティフトン芝のオーバーシーディングによく使用されます。

イタリアンライグラス

Lolium multiflorum / イネ科 > ウシノケグサ亜科 > ドクムギ属(Lolium)
寒地型西洋芝

イタリアンライグラスは、アニュアルライグラスやネズミムギとも呼ばれることもある、ヨーロッパ原産の芝草です。

アメリカではスポーツターフとして使用される事も多いが、葉は粗めで芝質が良くないため、日本では雑草として扱われています。

ペレニアル種よりも暑さに弱く、初期成長が早いためにオーバーシーディングによく使用されます。

インターメディエイトライグラス

インターメディエイトライグラスは、ペレニアル種とイタリアン種を交配して作られた芝草です。ウインターオーバーシーディング用として使われています。

ライグラス類の利用施設

牧草、オーバーシーディング用として使用される

ライグラス類は牧草として利用される芝草のため、オーバーシーディング用として使われる以外は、一般家庭の芝生に使われることはほとんどありません。

ただし、踏圧に強いことから、ゴルフ場やサッカー場などのスポーツ施設や、公園などで使用されることもあります。

↓ライグラス類の購入はこちら。

緑肥・牧草 種 【 イタリアンライグラス 】 種子 1kg ( 種 野菜 野菜種子 野菜種 )
【菜園くらぶ】家庭菜園の専門店
¥ 726(2020/01/10 22:43時点)

↓その他の芝生の種類はこちら

タイトルとURLをコピーしました