11月の高麗芝の手入れ

11月の高麗芝の手入れ芝生の手入れ(年間スケジュール)

芝刈りと肥料の必要はなくなり、手入れの回数も減ります。

高麗芝の生育温度は、25°C~30°Cとなっており、11月になると高麗芝は花(芝生の穂)を咲かせて休眠期に入ります。芝生の葉は緑の状態から徐々に枯れて茶色くなっていきます。

11月になると、芝刈りと肥料の必要はなくなり、手入れもぐっと楽になります。雨が降らず乾燥が続いた時の水やりと、春から秋にかけて生えた雑草を取り除いておきましょう。

※沖縄などは11月でも暖かく、この時期でも芝生の手入れは必要になります。

11月:高麗芝の芝張り

休眠期間中の高麗芝は、植えても成長せず根付かないため、芝張りには適していません。高麗芝を植える場合は3月まで我慢してください。

11月:高麗芝の水やり

休眠期に入った高麗芝には、水やりの必要がありません。雨が少なく、乾燥した日が続くようであれば、適時水やりをしてください。

11月:高麗芝の芝刈り

休眠期に入った高麗芝は成長しないので、芝刈りの必要はありません。秋の刈り止めの際に少し長めの刈高にしておくことで、冬の間芝生の根や茎を冬の厳しさから守ることができます。

11月:高麗芝の肥料

秋に十分な肥料を与えていれば、休眠期に入った高麗芝に肥料を与える必要はありません。

11月:目土入れ

休眠期に入った高麗芝に、成長を促すための目土入れをしても意味がありません。そのため11月は目土入れに適していない時期となります。ただし、芝生の凸凹がある場合の補修に目土入れを行うことがあります。

11月:その他の手入れ

芝生が枯れてくると雑草の緑色が目立つようになります。たとえば、スズメノカタビラは芝生との見分けが難しいのですが、芝生が茶色いこの時期は簡単に見つけることができます。

芝生が枯れるこの時期を利用して、春から秋にかけて生えた雑草を完全に取り除くことで、後々の雑草対策が楽になってきます。

タイトルとURLをコピーしました