芝生の雑草と除草の方法

芝生の雑草対策芝生の手入れ

芝生の雑草駆除は、テデトールが基本。

芝生を育てていると、必ず雑草が生えてきます。芝生に生えた雑草は、庭の見栄えが悪くなるだけではなく、本来芝生が吸収するはずだった土壌の栄養分を雑草が奪うため、芝生の成長にもよくありません。

雑草の成長スピードは芝生よりも早く、放置しておくとあっという間に増えていくので、雑草の芽を見つけた段階で、すぐに抜くようにしましょう。

芝生の雑草駆除は、手で抜く(テデトール)が基本です。ただし、放置して増えすぎた雑草を駆除するには、除草剤の使用が現実的な手段となります。

根本的な雑草対策としては、密度の高い芝生を育てることが一番です。芝生の葉の密度が高いと、雑草の種が土壌に定着するのを防ぎ、発芽を防ぐことが出来るからです。

除草の方法

テデトール

雑草の芽を見つけたらテデトールでこまめに抜く

芝生の雑草を手で抜くことを「テデトール」と呼びます。

芝生に映える雑草は、こまめに芝生の状態を確認して、雑草の芽を見つけたらすぐに手で抜くのが一番良い方法です。

雑草が小さいうちは、根も小さいので簡単に手で抜くことができますが、雑草が成長してしまうと根も成長し抜きにくくなるので、早めの駆除を心がけましょう。

除草グッズ

除草グッズ

雑草の駆除を便利にする、さまざまな除草グッズ。

芝生用ではなく、一般の園芸用品として、雑草の駆除を便利にする、さまざまな除草グッズが販売されています。

テデトールをより便利にする商品で、ざまざまなアイデアで作られているのですが、実際はグッズを使うよりも手で抜いたほうが早かったりするので、こればかりは実際に自分で試すほかありません。

いずれの商品も手頃な価格で販売されているので、色々と試してみて、自分にあった除草グッズを見つけてください。

除草剤

芝生の除草剤

手作業では駆除できない場合には除草剤を使う。

除草剤は使わないに越したことはありませんが「すでに雑草が増えすぎてしまったのでテデトールでは駆除できない」などの場合は除草剤を使用することになります。

除草剤の種類には、雑草を生えにくくする効果が数カ月間持続する種類もありますので、週末しか芝生の手入れができない方は、雑草予防として除草剤を使用する方法もあります。

芝生用の除草剤とは

芝生の除草剤

除草剤には使用方法によって選びます。

一般的な除草剤では芝生も枯らしてしまうので、必ず「芝生用の除草剤」を使用します。

芝生用の除草剤は、ホームセンターや園芸店で購入することができますが、商品によって、枯らすことの出来る雑草の種類や使用方法などが異なるので、慎重に選んでください。

茎葉処理剤

茎葉処理剤は、葉に直接かけて雑草を枯らしてしまいます。速効性がありすぐに雑草が枯れますが、効果は長続きしません。

土壌処理剤

土壌に散布することで効果を発揮する除草剤です。除草成分を雑草の根が吸収することで雑草を枯らしてしまう効果があります。また、数ヶ月間にわたって効果が持続するので、雑草予防としても効果が期待できます。成長した雑草にはあまり効果がありません。

除草剤は、面倒なテデトールの必要がなくとても便利ですが、使い方を間違うと芝生そのものを枯らしてしまうことになる上に、除草剤の使いすぎによって、芝生の土壌が悪くなるので、年に2回ほどの使用に控えてください。

↓芝生用の除草剤について詳しくはこちら

雑草の種類と除草方法

芝生に生える雑草には、広葉雑草をイネ科雑草があります。

また、一年で枯れてしまう「一年生雑草」と、根が残り毎年のように芽が生えてくる「多年生雑草」があります。冬でも刈れない雑草もあり、枯れた芝生の中で目立つので、庭の見栄えにも大きく影響します。

カタバミ(広葉雑草 多年草)

カタバミ

日本全国に分布しています。繁殖が早く、成長すると完全に駆除するのは面倒なので、早めに手で抜き取ります。

オヒシバ(イネ科/1年草)

オヒシバ

春から夏にかけて芝生に生える雑草。放置しておくと高く育ってしまい、根も太くなり抜きにくくなるので、小さいうちに抜き取ります。

メヒシバ(イネ科/1年草)

メヒシバ

春から夏にかけて芝生に生える雑草。種子で繁殖し、広がるスピードは早いので、種子を付ける前に、早めに駆除するようにしてください。

スズメノカタビラ(イネ科/越〜1年草)

スズメノカタビラ

秋に生え始めて冬を越す雑草です。繁殖力が強くて、場所を選ばず繁殖するので、早めに駆除するようにしてください。

ハマスゲ(カヤツリグサ科/多年草)

ハマスゲ

根茎や匍匐茎を持つ雑草で、抜きにくくて根から完全に駆除するのが難しい雑草で、除草剤などを使用して駆除します。

タイトルとURLをコピーしました