10月の高麗芝の手入れ

10月の高麗芝の手入れ芝生の手入れ(年間スケジュール)

芝生の手入れは、ほとんど必要はありません

10月の高麗芝は依然として緑の状態を保っていますが、成長スピードは急激に衰え始め、芝生の成長はほとんど止まってしまいます。10月後半になると、芝生の手入れはほぼ必要がなくなります。

シーズン最後の芝刈りと、春から秋にかけて駆除出来なかった雑草を取り除き、冬を迎える準備を始めます。

10月:高麗芝の芝張り

10月前半であれば、ぎりぎり芝生を植えることは出来ますが、芝生の根が根付かないうちに休眠期に入ってしまうため、冬の間はなるべく芝生の上を歩かないなどの十分な養生が必要となります。

10月後半になると、気温もぐっと下がるため、高麗芝を植えるのには適していません。

10月:高麗芝の水やり

この時期の高麗芝は、自然に降る雨で十分に水分を補給できるので、基本的に水やりの必要はありません。

ただし、雨が降らない日が続くようであれば、芝生の乾燥を防ぐために、適時水やりを行ってください。

10月:高麗芝の芝刈り

この時期の高麗芝は成長しません。通常より少し長めの刈高で、シーズン最後の芝刈りを終え、それ以降は芝刈りを行いません。

10月:高麗芝の肥料

10月以降の高麗芝は休眠期に入るために、肥料の必要はありません。

10月:目土入れ

芝生の成長期が終わっているため、凸凹の補修以外に目土入れを行うことはありません。

タイトルとURLをコピーしました