MCPP液剤は芝生に使える本格的な除草剤

MCPP液剤芝奴隷の為の本格的なアイテム

MCPP液剤は芝生管理のプロも使用する本格的な除草剤です。

MCPP液剤は、クローバーなどの広葉雑草を枯らすことができる芝生に使える除草剤です。芝奴隷の天敵、スギナトクサ科のスギナを枯らす効果もあります。

高麗芝、姫高麗芝などの日本芝と、ケンタッキーブルーグラス(西洋芝)に使用できるので、ゴルフ場や公園などの芝生管理でも使用されています。

MCPP液剤はボトルに入って販売されています。ボトルのラベルは文字だけで地味なので、一見すると芝生に使える除草剤とは思えません。地味な見た目がいかにもプロ用の雰囲気を醸し出しており、効果を期待できそうですね。

私たちが普段目にする芝生の除草剤は、粒状になっていて手でパラパラと撒くだけで簡単に散布できますが、MCPP液剤は液体で販売されており、希釈して噴霧器で散布する必要があります。「希釈して散布」と聞くと難しそうに感じますが、ポイントさえ押さえれば意外と簡単に使用することができます。

あわせて読みたい
芝生用の除草剤 – 種類と失敗しない使い方
芝生に使えるおすすめの除草剤

MCPP液剤の特徴

芝生だけを枯らす選択性除草剤

MCPP液剤は、広葉雑草を枯らす事ができる「フェノキシ系」の除草剤です。選択性除草剤とは、ある特定の植物を枯らすことができ、その他種類の植物には影響を与えない特徴をもっている除草剤のことです。

MCPP液剤は、広葉雑草を枯らすが、イネ科の芝生には影響を与えない選択性を持っているので、イネ科の芝生には影響を与えずに、トクサ科のスギナやマメ科のクローバなどの広葉雑草を枯らすことができます。

根から雑草を枯らすことができる

スギナやクローバーなどの雑草は、土壌の中で地下茎を伸ばしながら成長していく雑草です。地表の見えている部分を手で抜いたとしても、地中の根を完全に除去しないと再び生えてくる特徴があります。

MCPP液剤は、茎や葉から薬剤を吸収させ、ホルモンバランスを崩すことで雑草を枯らすことができます。雑草全体に成分が行き渡ることで、雑草の根から枯らすことができます。

MCPP液剤が使える芝生の種類

イネ科の芝草に使用できる

MCPP液剤はイネ科の植物には影響を与えない選択性があります。そのため、イネ科の芝草である日本芝やケンタッキーブルーグラスなどに使用できます。イネ科以外の芝草は枯らしてしまうので使用しないでください。

日本芝高麗芝/姫高麗芝/野芝 TM9
西洋芝(ブルーグラス類)ケンタッキーブルーグラス/アニュアルブルーグラス/ラフブルーグラス

あわせて読みたい
芝生の種類と比較

MCPP液剤で枯らすことが出来る雑草

芝生に生えた広葉雑草を枯らすことができる。

MCPP液剤はクローバー、スギナ、スベリヒユ、カラスノエンドウなどの枯らしにくい雑草も枯らすことができます。芝奴隷の天敵トクサ科のスギナにも効果があります。イネ科の雑草には効果がありません。また、タンポポなどのキク科雑草に対しても効果が劣ります。

広葉雑草クローバー/スベリヒユ/カラスノエンドウなど
トクサ科スギナなど

あわせて読みたい
芝生用の除草剤 – 種類と失敗しない使い方
芝生に使えるおすすめの除草剤

MCPP液剤の使い方

MCPP液剤は噴霧器を使って散布します

MCPP液剤は、原液を指定の濃度に希釈してから使用します。10アール当りの薬量を付属のキャップで測り、水100~200Lの中に加えて希釈てください。そして、希釈した薬剤を除草剤用の噴霧器に入れて、撒きすぎや撒きムラに注意しながら雑草に散布します。散布する時は、雑草の葉や茎に均一にかかるように注意してください。

MCPP液剤の使用時期

1年を通して散布することができます。ただし使いすぎはよくありません。年3回までの使用にとどめてください。

↓こちらのオンラインショップで購入できます。

使用時の注意点

MCPP液剤は他の除草剤と同様に、使用時に注意する点があります。気をつけないと芝生を枯らしてしまうなどの結果になるので、頭に入れておきましょう。

高温時の散布は避ける

気温が高い時期に使用する場合は、薄めの希釈にして芝生への負担を和らげます。特に、気温30℃以上の季節は、芝生に薬害のでる可能性が高いので使用は避けてください。

低温時の散布は効果が弱くなる

MCPP液剤は1年を通して使うことができますが、気温が10℃以下になると、除草の効果が弱くなるのでなるべく暖かい時期に使用してください。

散布前に芝刈りをしない

MCPP液剤は雑草の葉や茎の部分から成分を吸収させることで効果を発揮します。散布前に芝刈りをしてしまうと、雑草の葉や茎も刈り込んでしまうことになり、散布した薬剤が吸収されにくくなります。その分除草の効果も薄れてしまうので、芝刈りをする場合は、MCPP液剤の散布後しばらくたって、除草の効果を確認してから芝刈りをしてください。

雨の日は散布を避ける

散布した薬剤が雑草に吸収される前に、雨によって流れてしまうことがあるので、雨の日の散布は避けたほうが良いでしょう。

ジョウロでの散布は避ける

ジョウロで散布すると、規定量以上に散布されることが起こりやすく、芝生への薬害の可能性が大きくなるのでおすすめできません。出来る限り、除草剤用の噴霧器で散布してください。

散布時はゴム手袋を装着

散布の時は、ゴム手袋などをはめてください。薬剤が直接皮膚に触れると「かゆみ」が出ることがあります。小さなお子様やペットがいる場合は、散布時に近づかないようにしてください。残った薬剤やボトルも子供やペットの手の届かない所で管理が必要となります。

MCPP液剤の購入方法

MCPP液剤はホームセンターやネット通販で購入できます。

MCPP液剤は、ホームセンターや園芸店、インターネット通販などで購入することができます。ホームセンターでは、一般的な園芸コーナーに置かれていることは少ないので、普段はあまり目にすることはありませんが、農家の人が使用するような「農薬のコーナー」に置かれていますので探してみましょう。楽天やアマゾンなどのインターネット通販でも購入することができます。

↓こちらのオンラインショップで購入できます。

MCPP液剤 500ml
農家の店 みのり
¥ 1,905(2020/07/05 17:31時点)

MCPP液剤の特徴まとめ

プロも使用する本格的な除草剤

ここまで、MCPP液剤を紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?MCPP液剤は、手で撒くだけの家庭用の除草剤とは違い、プロも使用する本格的な除草剤ですが、除草剤用の噴霧器を準備して希釈濃度さえ間違わなければ、意外と簡単に使用できそうですね。

使える芝生日本芝:高麗芝/姫高麗芝/野芝/TM9
西洋芝:(ブルーグラス類)ケンタッキーブルーグラス/アニュアルブルーグラス/ラフブルーグラス
散布時期雑草生育期
効果のある雑草クローバーなどの広葉雑草/クスギナ/ヨモギ等/イネ科雑草には効果なし
薬量500~1,000ml/10a
希釈水量100~200L/10a
年間使用回数3回以内
使用方法噴霧器を使って全面茎葉散布
タイトルとURLをコピーしました